インディ・アニフェスト2019韓国国内コンペノミネート作品発表

indie2019nominated.jpg

花コリ親元韓国インディ・アニフェスト2019のノミネート作品が発表されました!
花コリでは、毎年前年のインディ・アニフェストで上映された作品から厳選された作品をプログラムして上映しています。
そのため、来年の花コリの作品群を左右するのが、今年のインディ・アニフェストの作品なのです!
花コリでも以前、上映した監督さんの新作や、ゲストで来日した監督さんの新作が今回もたくさん入っています!
監督さん達の絶え間ない活躍が作品となって観られるのは嬉しいことです。
それでは、今年のノミネート作品を観ていきましょう~♪

 


<一般部門(独立歩行)>57
<学生部門(夜明飛行)>183

第15回インディ・アニフェスト2019(Indie-AniFest 2019)韓国作品の上映作品を発表します。
インディ・アニフェストは、2009年からコンペティションという名称をなくし、独立歩行(一般部門)、夜明け飛行(学生部門)という新しい名前で皆さんにお届けしてきました。作品公募の結果、独立歩行部門(一般部門)57作、夜明飛行部門(学生部門)183作で計240作の応募を受付けました。
予選審査結果により一般部門には27本、学生部門には25本の作品が本選に進出しました。本選進出作品のほか、インディ・アニフェストで紹介したい本の作品を選定し、パノラマ部門に招待しました。加えて、韓国国内外の招待作など、様々な上映作品を準備しているので多いに関心を持っていただけたらと思います

発表した作品は、映画祭期間中9月19日(木)から24日(火)まで上映され、一般部門学生部門は、本選審査を通じてインディの星(大賞)、独立歩行賞(一般部門優秀賞)、夜明飛行賞(学生部門優秀賞)、審査員特別賞、デビュー賞、音楽/サウンド部門特別賞、KIAFA特別賞、お祭りの星(観客賞)の計8つの部門の受賞作が決定されます。

15回目を迎える今年のインディアニフェストは「」というスローガンとともに皆さんとお会いすることになります。新しい心で、いつのまにか十五夜の満月を迎えたインディアニフェストと、今年も高い秋の空を埋め尽くした満月のように青く輝くインディーズ・アニメーションをご覧ください

最後に、インディアニフェスト2019に貴重な作品を出品してくださたすべての方々に感謝を申し上げます

 


■独立歩行(一般部門)■ 
 *日本語の題名は全て仮訳です。


[143.89Km – 0Km] 백수지 ペク・スジ

[ハゲ村の床屋さん / 대머리마을 이발사] 성보경 ソン・ボギョン

[ミス・パク プロジェクト#1 / 미쓰 박 프로젝트 #1] 서영주 ソ・ヨンジュ

[星が歌う夜-イ・サンチュン君の孤独死のために / 별들이 합창하는 밤 –이상춘군의 외로운 죽음을 위하여] 손영득 ソン・ヨンドゥク

[光 / 빛] 김혜진 キム・ヘジン

[愛は夢と現実の入り口で/사랑은 꿈과 현실의 외길목에서] 최희승 チェ・ヒスン

[山 / 산] 우진 ウジン *花コリ2015『Beautiful』上映

[野生動物 / 야생 동물] 장형윤 チャン・ヒョンユン 

*Link into Animated Korea2009ゲスト『わたしのコーヒー・サムライ』、花コリ2010『ボクの友達子ジカくん』、花コリ2015長編『ウリビョル1号とまだら牛』、花コリ2015大阪ゲスト


[弱肉強食 약육강식] 나지웅 ナ・ジウン

[動きの事典 / 움직임의 사전] 정다희 チョン・ダヒ

*花コリ2014『Le temps de l’arbre(木の時間)』、花コリ2015『椅子の上の男』、花コリ2016『空き部屋』


[仁川蚊絶滅レポート 인천모기멸종보고서] 이지윤 イ・ジユン 

*花コリ2018リレー『休日の平和』


[小さな骨 작은 뼈] 김상동 キム・サンドン

[死の商人 / 죽음의 상인] 전진규 チョン・ジンギュ *花コリ2016『Material Girl』

[創造的進化 / 창조적 진화] 송영성 ソン・ヨンソン

[パセリ少女 / 파슬리 소녀] 노영미 ノ・ヨンミ *花コリ2016『あああ』

[フォレスト歯科 / 포레스트 치과] 김혜련 キム・ヘリョン *花コリ2017『ウォークマン』

[ホーム / 홈] 김보솔 キム・ボソル

[Constellations] 이지선 イ・ジソン

[FE:AR] 류한솔 リュ・ハンソル

[Le Mot] 백미영 ペク・ミヨン 

*花コリ2016『風』、花コリ2018『お月さま、どこにいるの?』


[Mascot] 김도형 キム・ドヒョン

[My Moon] 이어송 イ・オソン

[THE LEVERS] 김보영 キム・ボヨン 

*花コリ2014名古屋ゲスト『痛くない』、花コリ2015『まね』、花コリ2017『えさ』


[The Wheel Turns] 김상준 キム・サンジュン

[Water Baby] 김상남 キム・サンナム

[We Will See Someday] 홍나리 ホン・ナリ

[Yellow] 김새로미 キム・セロミ

 

夜明け飛行学生部門)

[冬 行けば / 겨울이 가면] 김희연 キム・ヒヨン

[花 / 꽃] 임채린 イム・チェリン

[魅惑の先生 / 매혹의 선생] 장은우, 김준희, 이윤선 チャン・ウヌ、キム・ジュニ、イ・ユンソン

[キラキラ ララ姫 / 반짝반짝 라라공주] 백은혜 ペク・ウネ

[星の距離 / 별의 거리] 허영현 ホ・ヨンヒョン

[サザエ / 소라] 박세빈, 정유진, 탁은진 パク・セビン、チョン・ユジン、タク・ウンジン

[アナザー / 어나더] 박연 パク・ヨン

[どこかへ、森 / 어딘가에, 숲] 현유정 ヒョン・ユジョン

[完璧に海を渡る。 / 완벽하게 바다를 건너다.] 권홍상 クォン・ホンサン

[輪廻 / 윤회] 주현준 チュ・ヒョンジュン

[梅雨 / 장마] 김세윤 キム・セユン

[BELIEF] 주성우, 차재현, 황병현, 고성민 チュ・ソンウ、チャ・ジェヒョン、ファン・ビョンヒョン、コ・ソンミン

[Etaa Sere, Maasai] 신혜수 シン・ヘス

[Front Door] 이예진 イ・イェジン

[Heartstrings] 이정호 イ・ジョンホ

[HOME SWEET HOME] 이수정 イ・スジョン

[House Mate] 김지인 キム・ジイン

[Inside] 이현주, 이혜진, 주슬기 イ・ヒョンジュ、イ・ヘジン、チュ・スルギ

[Knife Hanging from A Tree] 남지희 ナム・ジヒ

[PpomPpam] 연서현, 신희경 ヨン・ソヒョン、シン・ヒギョン

[Reborn] 김경석, 홍영기 キム・ギョンソク、ホン・ヨンギ

[RIRI N BERRY] 국수빈 クッ・スビン

[The Light] 박혜민 パク・ヘミン

[The Railroad] 박정민 パク・ジョンミン

[VANDALS] 강수빈 カン・スビン

 

■パノラマ部門■

[スーパームーン/슈퍼문] 홍대영 ホン・デヨン *長編作品



【関連記事】
関連記事
スポンサーサイト