「Archiving Today」韓国アニメーション作家特集本、新しく創刊!

「SEOUL & ANIMATOR」は、韓国の国際アニメーション映画祭SICAFの元映画祭チーム長であり、現在、インディ・アニフェストのアジアコンペティション部門担当しており、自身も作品(花コリ2013『アンダーグラウンド』他、リレーアニメーションに数多く参加)を制作する作家であるイ・ギョンファ氏(Kaye Lee)が、韓国の作家さんを丁寧に取材し、作品のビジュアルも満載で、毎回、読み応えのある本である。
自身もいろいろな海外の映画祭に通い、そこで手に入れるアニメーション関係の本が言語のために読まれにくい状況にあることを改善すべく、自分の作る本では、より多くの人に読んでもらえるよう韓国語のみならず日本語や英語表記にし、シリーズで創刊してきた。
「SEOUL & ANIMATOR」は1冊の中で2人の作家さんを特集し、これまでに5冊でており、装填も凝っている。

「vol.1 都市の感情」 キム・ジュン『都市に住む人々の空間感』、スタジオYOG『お散歩いこ』
seoulanimator01.png


「vol.2 視線の主」 チョン・ユミ『Dust Kid』、パク・ジヨン『都市で彼女が避けられないモノたち』 
Seoul&Animator vol.2-01


「vol.3 少年の世界」 現在はトンコハウス所属のエリック・オー『リンゴの食べ方』、ヤン・ソヌ
seoulandanimator03.jpg


「vol.4 宇宙の舞」 ホン・ハクスン『ウィンク・ラビット』、キム・ジンマン『Noodle Fish』
SA04.jpg


「vol.5 旅人の星」 チョン・ダヒ『空き部屋』、キム・ボヨン『痛くない』
seoulandanimator05.jpg


そして今回、新たに「制作コメンタリー」という副題をつけて「Archiving Today」シリーズとして、1冊に1人の作家さん、一つの作品に集中して特集した本を創刊した。
ペースは1年に3冊を予定。
今回は韓国語のみの表記だという。
記念すべき最初の3冊で特集する作家のうち、1冊は花コリ2013東京ゲストのキム・ジンマン監督(『Noodle Fish』)の新作『Dancing Frog』について、2冊目はアメリカで活動する『鹿の花』『38-39℃』(それぞれ花コリ2017、2014で上映)のキム・ガンミン監督の新作『あざ』について、そして3冊目は『Kopi Luwak』『学校へ行く道』(それぞれ花コリ2011、2014で上映)のハン・ジウォン監督の新作シリーズ『娘に贈るレシピ』についてで、どの監督も韓国インディーズ・アニメーション界で、作品が出るたびに注目されている作家だ。

貴重な資料にもなる本、それが韓国語だけなんて、もったいない!
日本語があれば、日本のアニメーション関係者やファンの方々にも読んでもらえるのに!
ということで予定になかった日本語訳をつけるべく、急きょ各64ページにも及ぶ、3月に創刊予定の3冊を花コリスタッフの三宅が1週間で翻訳することに…💦
それでも予定外のことに臨機応変に対応してくれる韓国のその瞬発力、尊敬します!

全ページカラーで、こんなに見せてくれちゃうの!?っていうくらいメイキング写真も満載!
特にストップモーションの技法で制作し続けているキム・ジンマン監督やキム・ガンミン監督の作品は、コマ撮りラバーにはたまらない、メインディッシュとしてガッツリ見て、読んでいただきたい1冊です!

各本、日本語訳小冊子が付いて日本販売価格1200円。
キム・ジンマン監督の作品を特集した『Dancing Frog』、キム・ガンミン監督の作品を特集した『あざ』は、花コリ2019大阪会場より発売!
ハン・ジウォン監督の作品を特集した『娘に贈るレシピ』は花コリ2019東京会場より発売します!
会場で、ぜひお手にとってみてみてくださ~い!
Archiving_DancingFrog_info01.jpg
Archiving_DancingFrog_info02.jpgArchiving_DancingFrog_info03.jpg
短編アニメーション『Dancing Frog』(2018)の制作コメンタリー。麺で作った『Noodle Fish』(2012)で全世界の映画祭を席巻したキム・ジンマン監督の新作の制作過程を掲載。アイデアから最初の上映まで、シリコンで作られた何百匹ものカエルと動く背景、息が詰まるエンディングを作り出した秘訣を紹介する。*表紙のQRコードをスキャンすると作品の予告編を見ることができる。


Archiving_Jeom_info01.jpg
Archiving_Jeom_info02.jpgArchiving_Jeom_info03.jpg
短編アニメーション『あざ』(2017)の制作コメンタリー。グラフィックデザイナーからアニメーション監督として、仁川からロサンゼルスに活動範囲を広げてきたキム・ガンミンは父親に受け継いだ「あざ」を激しく拒否するコミカルな短編『38-39°C』に続き、息子が受け継いだ「あざ」を受け入れる『あざ』を創り出した。コンプレックスを楽しみへと昇華させるキム・ガンミン印のアニメーションの制作過程を明快に紹介する。*表紙のQRコードをスキャンすると作品を見ることができる。


Archiving_Recipe_info01.jpg
Archiving_Recipe_info02.jpgArchiving_Recipe_info03.jpg
Webアニメーション『娘に贈るレシピ』(2017-2019)の制作コメンタリー。作家コン・ジヨンの同名エッセイから5篇を選んで脚色したハン・ジウォン監督のアニメ―ションシリーズの制作過程全般と連載期間に発表されたミュージックビデオ2編とジュエリーブランドのキャンペーン映像の制作秘話を紹介する。*表紙のQRコードをスキャンすると『娘に贈るレシピ』の最初のエピソードを見ることができる。

Archiving_DancingFrog.jpg
Archiving_Jeom.jpg
Archiving_Recipe.jpg

著者/出版社の紹介
Seoul&Animatorは韓国のアニメーション作家と作品を全世界に紹介する目的で活動するインディーズ出版社である。2013年からSeoul&Animatorのタイトルで5種の作家インタビューシリーズを韓国語/英語/日本語で発行し、オンラインでのアニメーション作家を紹介するseoulanimators.comを運営している。

SEOUL & ANIMATOR 公式サイト
SEOUL & ANIMATOR facebookページ

<SEOUL & ANIMATOR関連記事>
自費出版『SEOUL & ANIMATOR』イ・ギョンファ監督
関連記事
スポンサーサイト