[名古屋会場] 韓国アニメーション原画展 開催中!

 韓国を代表するアニメーション作家、ヨン・サンホ、チャン・ヒョンユン、ホン・ハクスンの原画展が、大須・シアターカフェにて始まりました!

 シアターカフェは、地下鉄・鶴舞線/名城線「上前津」駅または、地下鉄・鶴舞線「大須観音」駅から徒歩5分。「上前津」駅から行く場合は、8番出口を出て、そのまま大須通り沿いに直進して下さい。ちょっと広めの道路「門前町通」を越えると昔ながらの焼き鳥屋さんがありますので、そこから更に直進してスグ、ホルモン焼きを売りにした焼き肉屋さんの2Fにあります。駐車場を通って建物の裏手に回って下さい。階段を上ったところが入り口です。

 ドアを開けて入ると、そこがギャラリースペースになっています。こちらが原画展の全景。


tc1.jpg


 反対側から撮ったところ。原画に囲まれながらゆっくりとお茶を楽しむことができます。


tc2.jpg


 こちらは、昨年の釜山国際映画祭で三冠を達成して話題となり、先日、第65回(2012)カンヌ国際映画祭・監督週間部門招待がアナウンスされた『豚の王』。ヨン・サンホ監督は、第2回の花コリ東京会場のゲストでした。『豚の王』のカンヌ国際映画祭版ポスターは、愛知芸術文化センターB2Fアートプラザで開催されている「韓国アニメーション・ポスター展」で近日掲出予定です。こちらもあわせてお楽しみ下さい!


tc3.jpg


 チャン・ヒョンユン監督の新作『The Satellite Girl and Milk Cow』のキャラクター設定・ストーリーボード・コンテなどです。チャン監督は第1回花コリの東京会場ゲストでした。そのおり上映された『わたしのコーヒー・サムライ -自販機的な彼氏-』のポスターは、前述の「韓国アニメーション・ポスター展」でご覧いただくことができます。なお、チャン・ヒョンユン監督は、その代表作『ウルフ・ダディ』が広島国際アニメーション映画祭で受賞。同作を含む初期作品集のDVDがコミックス・ウェーブ・フィルムからリリースされています。こちらもあわせてお楽しみ下さい。


tc4.jpg


 最後に、ホン・ハクスン監督の木でできた額物作品3点です。こちらはお買い求めいただくこともできます。ホン監督は、花開くコリア・アニメーション2012のビジュアルをデザインされています。チラシやポスターのキャラクター・デザインと比較してご覧になると面白いですヨ。


tc5.jpg


 会場のシアターカフェでは、GWより講演・上映・ワークショップなどアニメーション企画が目白押し。5/11(金)には花コリ・プレイベント『Grandma Ocean』上映+監督トークも開催されます。どうぞ、遊びにいらしてください!

■韓国アニメーション原画展
 期間:4月28日(土)~5月11日(金) 13:00~21:00(5/7&8は休み)
 会場:Theater Cafe(名古屋市大須) http://www.theatercafe.jp/ ※ 要1オーダー

(文責:名古屋のN)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント