[名古屋会場] 韓国アニメーション・ポスター展 開催中!

 GWから、名古屋は韓国アニメーション一色になりますっ!^^

 まずは本日(4/27)から愛知芸術文化センターB2Fアートプラザで始まる「韓国アニメーション・ポスター展」までの道のりをご案内。


 地下鉄を「栄」駅で降りて、そのまま地階を通り、オアシス21を抜けると愛知芸術文化センター、略して芸文の地下入り口に到着します。


geibun1.jpg


 エスカレーターを降りると「ようこそ芸文」の文字と、花開くコリア・アニメーション2012、正確に言うとインディ・アニフェスト2011のポスター(図柄が同じ)がお出迎え。


geibun2.jpg


 そのまま地下通路を歩いて行くと・・・


geibun3.jpg


 こんなところにも花コリのチラシがっ! よーく見ると、表紙のビジュアルが拡大コピーのうえ色塗りされて貼られていることに気づきます。芸文のスタッフの方、遊び心があるなあ。ホン・ハクスン監督のキャラクターが「そうしたくなる」魅力にあふれているというのもあるでしょう。花コリに小さいお子さんがたくさんいらっしゃるようになったら、塗り絵大会とかイイかも。


geibun4.jpg


 地下通路から芸文の建物に入ると、そこはまさにアートのワンダーランド!^^ 入ってスグの所に東海地方のアート情報が集められているアートプラザがあります。


geibun5.jpg


 アートプラザの入り口でも花コリのポスターが皆様を三つ指ついてお出迎え。


geibun6.jpg


 アートプラザの奥、催事情報受付カウンターの横が、展示スペースになっています。


geibun7.jpg


 今年の展示はこんな感じです。向かって左のパネル上部に貼られている2枚が、真!韓国映画祭2012での上映が決まった『Green Days ~大切な日の夢~』のポスター。英題が『Green Days』の釜山国際映画祭バージョンと、英題が『Dinosaur & Me』の2バージョンそろい踏みという激レア展示。この2枚が並んで掲出されるのは、おそらく世界中でココだけです。

 『Green Days ~大切な日の夢~』の下にある大判ポスターは、チャン・ヒョンユン監督の『わたしのコーヒー・サムライ -自販機的な彼氏-』。5/13のトークでは、同監督のスタジオ・フォト・レポート、そして現在制作中の新作の話などが出る予定です。その新作『The Satellite Girl and Milk Cow』の原画展は、ところを変えて、大須のシアターカフェにて4/28(土)から始まります。こちらもチェケラッチョ!よろしくお願いします。

 『わたしのコーヒー・サムライ』の左側にポストカードが貼ってあるのが分かるでしょうか? こちらは、今年のカンヌ国際映画祭に招待が決まった『豚の王』のものです。ちょっと旧作から、話題の新作、そして日本公開予定作まで三役そろい踏みの左パネル。是非、記念写真をどうぞ。

 中央と右側のパネルには歴代のインディアニフェストのポスター(2007年から2011年までの5枚)が掲出されています。そしてその前には、長編インディーズ・アニメーション『家』の花コリ上映を記念して(?)、韓国の伝統家屋「草家」「韓屋」の模型が展示されています。こちらは韓国観光公社・名古屋支社様のご提供です。ありがとうございます。

 ひとまず今あるもので始めたポスター展ですが、帰宅してみると韓国から「追加のポスターを発送した」とのメールが。花コリで上映する『家』のポスターがあるのは当然として、ななななんと『豚の王』のカンヌ国際映画祭バージョン・ポスターも入っているらしいです。『豚の王』のカンヌ招待がアナウンスされたのは4/24のこと。対応早すぎっ!^^;

 今まさに飛行機で日本に向かっているポスターは到着次第、掲出予定です。

 花コリ名古屋会場開催まであと15日余り。まずは芸文のポスター展で気分盛り上げちゃってくださいっ!

(文責:名古屋のN)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント