水江未来さんに聞く~コリア・アニメーションの魅力~

<特別インタビュー>
アニメーション作家 水江未来さんに聞く 
~コリア・アニメーションの魅力~


 昨年9月にソウルで開催されたアニメーション・フェスティバル「インディ・アニフェスト2011」に審査員として参加された水江未来さんにコリア・アニメーションの魅力を伺いました!
水江さんの「City」の審査評もあるインディ・アニフェスト2011受賞作審査評(2012/03/02レポート)


■インディ・アニフェストの印象は?

とてもアット・ホームな映画祭で、みんなニコニコしていたのが印象的です!
韓国インディーズ・アニメーション界の「現在」も、とても良く知ることができます。

Indi1125GV_003.jpg
CALF特集で登壇した水江さん(右)
通訳:東京工芸大学に留学していた「LANGUAGE」のキム・イェオン氏(中央)
映画祭事務局長チェ・ユジン氏(左)

●「LANGUAGE/랭귀지」
キム・イェオン(韓国語のblog)/2011/3:30/Paper, Drawing, 2D Computer
花コリ2012 Bプロで上映します。
B-5.jpg


■韓国アニメーション界の印象は?

若い監督が非常に多いのが印象的ですね。
自分たちでスタジオを立ち上げ、国の助成金などを使って、
みんな精力的に作品を作っているな、と思いました。


Indi11op_003.jpg
インディ・アニフェスト公式パーティの模様。
アニメーション作家100名以上が勢ぞろい!


■韓国アニメーションの特徴や魅力は?

家族的な内容や、ハート・ウォーミングなストーリーの作品が多いのですが、
尖った作品もあり、バリエーション豊かだと思います。


■「花開くコリア・アニメーション2012」上映作でオススメは?

「City」「ラクダたち」が特に面白かったですね。
どちらもグラフィックが魅力的な作品です。

★「City」「ラクダたち」はどちらも花コリ2012 Bプロで上映します。

yog03
「City」のキム・ヨングン(左)、キム・イェヨン(中央)監督のスタジオYOGにて。
スタジオYOG訪問記(2012/03/20)

●「City/도시」 
キム・ヨングン、キム・イェヨン/2010/6:28/2D Computer, 3D Computer
b9_city

●「ラクダたち/낙타들/Camels」
パク・ジヨン/2011/10:30/2D Computer
b7_camels



■お気に入りの作家は?

「ウルフ・ダディ」のチャン・ヒョンユン監督とは仲良しで、彼の初長編作品「The Satellite Girl & Milk Cow」の完成が待ち遠しいです。「Dust Kid」のチョン・ユミ監督も大好きです!

110926chan.jpg
チャン・ヒョンユン監督が新作「The Satellite Girl & Milk Cow」のリーフレットにサインをしてくれました!
東京会場・名古屋会場では原画特別展にて、チャン・ヒョンユン監督の新作に関する展示があります。
詳しくは各会場のスケジュールをチェック!
チャン・ヒョンユン監督のスタジオ訪問記は、後ほど…。

東京会場スケジュール
名古屋会場スケジュール

●「Dust Kid/먼지아이」★花コリ2010で上映&東京会場ゲスト来日
チョン・ユミ/2009/10:00/Drawing, 2D
dustkid02.jpg


■水江さんの近況は?

4月1日から一年間毎日、1秒のアニメーションをWebで発表していくプロジェクト「WONDER 365 ANIMATION PROJECT」をスタートします。VimeoYouTubeで配信していきます。
WONDER予告編


★花コリ2012東京会場では4月7日18時40分(短編Bプログラム上映に引き続き)より『Ah』のイ・ソンファン監督をゲストに招き、水江さん司会進行で「アニメーションの新しい動き」についてトークがあります。
詳しくは東京会場ゲスト・イベントをチェック!

※花開くコリア・アニメーションの上映作は、インディ・アニフェスト ノミネート作から厳選してお届けします!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント