花コリ2014 観客賞発表!!

今年も3会場で観客賞の投票を行いました。
上映終了後、お客様に5段階評価で投票していただきました。
5段階の点数配分は以下の通りです。

A「とても良かった」を5点
B「良かった」を4点
C「どちらとも言えない」を3点
D「あまり良くなかった」を2点
E「良くなかった」を1点

現地のインディ・アニフェストでは毎年、上映終了後、お客様1人1ポイントとして投票が行われ、見事高い評価を得た作品には観客賞が与えられています。ちなみにインディ・アニフェスト2013で観客賞を受賞したのは花コリ2014 Bプロで上映したハン・ジウォン監督の『学校へ行く道』でした。ハン・ジウォン監督の前作品『Kopi Luwak』はインディ・アニフェスト2010のグランプリでした。

さて、気になる順位は…

★1位 Aプロ 『貯水池の怪物/저수지의 괴물/A Monster in the Reservoir 』
イ・ソンガン(大阪ゲスト)/2012/11:35/
A01_A_Monster_in_the_Reservoir.jpg


★2位 Aプロ 『Le temps de l’arbre(木の時間)/나무의 시간/The Hours of Tree』
チョン・ダヒ/2012/8:18/
A07_The_Hours_of_Tree.jpg
チョン・ダヒ監督の新作「Man on the chair」(2014)が広島国際アニメーションフェスティバルにノミネートされました!
配給がフランスなので、国がフランスとなっていますが、韓国で支援を受けて、韓国で制作されたものです。
『Le temps de l’arbre(木の時間)』は、監督が留学先のフランスで制作したものです。


★ 3位 Bプロ 『痛くない/아프지않아/Replacement』
キム・ボヨン(名古屋ゲスト)/2013/18:15/
B06_Replacement02.jpg
名古屋でのトークの様子は、トーク録をのちほどアップします。



★その他上位の作品一覧★

4位 Cプロ 『走る男/달리는 남자/The Running Man』
チョン・ヨンソク/2012/10:00/
C09_The_Running_Man.jpg
[関連記事]
花コリ2014作品小話その2『走る男』


5位 Aプロ 『パノラマ/파노라마/PANORAMA』
キム・ドンチョル/2013/14:54
A06_PANORAMA.jpg


6位 Bプロ 『2人の紳士/두 신사/Two Gentlemen』
パク・ジェオク(東京ゲスト)/2012/09:10/
B01_Two_Gentlemen.jpg
[関連記事]
花コリ2014東京会場レポート パク・ジェオク監督トーク
チョン・ユミ「Dust Kid」、パク・ジェオク「STOP」スタジオ訪問


7位 Aプロ 『千の灯台/천 개의 등대/A Thousand Lighthouses』
チュ・ヨングァン/2012/8:35/
A05_A_Thousand_Lighthouses.jpg


8位 Bプロ 『学校へ行く道/학교 가는 길/Sight Outside』
ハン・ジウォン/2013/19:00/
B05_Sight_Outside.jpg
[関連記事]
『Kopi Luwak』ハン・ジウォン監督スタジオアロ訪問記by KIAFA
・WEBでマンガの連載を始めました(韓国語のみ)。
アニメーションとは、また違った魅力です。→『Facing piano』(毎週日曜連載)


9位 Aプロ 『セミが鳴いた/매미가 울었다/The Song of the Moment』
 オ・ジウォン/2012/14:30/
A02_The_Song_of_the_Moment.jpg
[関連記事]
花コリ2014作品小話その1『セミが鳴いた』オ・ジウォン


10位 Aプロ 『風を切って/바람을 가르는/Across the Wind 』
ホン・ジョンピョ/2012/6:30/
A04_Across_the_Wind.jpg

結果はどうでしたでしょうか?
投票してくださった各会場の皆さま、ありがとうございました~!
観客賞に選ばれた1位のイ・ソンガン監督には、日本の花コリ実行委員会が代表して、
今年のインディ・アニフェストの際に現地にて、何らかの方法で授与する予定です。
今年の韓国でのインディ・アニフェスト2014は9月25日~30日です。
ぜひ現地に足を運んでみてください!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント