「Green Days~大切な日の夢~」アン・ジェフン監督スタジオ訪問

「Green Days~大切な日の夢~」アン・ジェフン監督の<鉛筆で瞑想>スタジオを訪問しました。(2013年10月)

以前はソウルアニメーションセンターにスタジオがありましたが、手狭になったので、
今の梨花洞(イファドン)に移ったそうです。
AnStudio01


AnStudio02

作品制作に使って、ちびた色鉛筆たち
鉛筆で瞑想
絵で映画をつくる人達


スタジオを見学する前に予習ということで、ちょうど訪れた時にやっていた、ワールドカップ競技場駅からバスで行ったところにある、韓国映像資料院の中にある韓国映画博物館で「Green Days~大切な日の夢~」を特集した「紙と鉛筆でつくったアニメーション特別展」に行ってきました。
AnStudio08

映像資料館には、韓国映画の昔から現代までの貴重な資料が保管されており、無料で一般に公開されています。
今回のような企画展もやっているので、ソウルに行った際にはぜひ訪れてみてください!

映画の1シーンをトレースできる体験コーナーがありました。
AnStudio13
AnStudio14
AnStudio11


展示会場には、ロケ地の写真と、実際に描かれたカットが並んで展示してあり、
まさか、後で監督直々に案内してもらえるとは!!
AnStudio07

AnStudio09
AnStudio12

シーンを割るポストイットが貼られた上映ブース。
スタジオにも同じような上映ブースがあり、それを再現したもの。
AnStudio10


スタジオにはレバノン人とインド人がアニメーションを学びに来ていました。
作品では監督の名前だけが紹介されるけれど、スタッフと一緒にたくさん話し合いながら各シーンをつくっており、スタッフにクリエイティブなことをしている、という自覚とやり甲斐が持てるようにしている、とのこと。

作品に出てくる小道具も、実際に監督が集めた物を元に描いています。
スタジオにはアンティークなモノモノが所狭しと置いてありました。
AnStudio04

スタジオには監督の過去の作品、『ある日のヒッチコック/히치콕의 하루/One Day of Hitchcock』(1998/8分)の原画も飾られていました。
AnStudio03


 一度作品を劇場公開して、公開期間が終わったら上映をやめるのではなく、学校やスタジオでも何度も上映して多くのお客さんに観てもらっているそうです。そのため、毎週土曜日にスタジオを一般公開しており、一日1組でも14時から作品を上映しています。土曜日はお客さんをもてなす日にしており、平日に仕事の打ち合わせをするようにしているそうです。
 この日は、ちょうど近所の昔の家を改装した小さなギャラリーで、「Green Days~大切な日の夢~」のロケ地の写真と背景画を並べた展示もしていました。そのギャラリーの壁にスクリーンを貼り、「Green Days~大切な日の夢~」の野外上映もありました。
が、丘の上にはたくさんの人が集まっていたので、野外上映を観に来たのかと思いきや、この日は漢江の国際花火大会の開催日で、みんな花火を見ようと集まってきていたのでした(汗)
AnStudio06


 映画のロケ地になったというところを案内してもらいました。
ここは、他のドラマでもよくロケ地に使われるエリアなので、韓国人観光客も何人か写真を撮りに来ていました。
AnStudio05


 監督は映画の資金のために、映画制作中に『冬のソナタ』のアニメも作っているのですが、韓国で人気の高かったソ・ジソプ主演のTVドラマ『ごめん、愛してる/미안하다,사랑한다』のアニメも資金集めのために制作しており、ソ・ジソプが死んだ後の1年間の話を50分ほどアニメでつくっています。(日本でもドラマのDVDが出ており、このアニメが特典映像として収録されています)
声の録音をする際に、主演のソ・ジソプが軍隊に入り、声優ができなくなってしまい、顔はジソプに似せたものの別人が声をあてたそうです。女優さんも顔は似せたのに別人で…(汗)。

 北朝鮮では韓国の教育テレビで制作されたCGアニメーションの『ポンポンポロロ/뽀롱뽀롱 뽀로로』(韓国では2003年~、日本ではフジテレビ『ポンキッキ』内で2006年~ポンキッキ放送終了まで放送)をTV放送しており、北朝鮮での放送分の絵コンテを描いたそうです。どんな内容で、どんな制約があったのか、もうちょっと突っ込んで聞いておけば良かった、と後の祭りでスミマセン、今度会った時に聞いて追記します。
北朝鮮で、レストランで女の人が踊って奉仕するのをみて痛ましかったとおっしゃっていました。トイレから北朝鮮の普通の人の生活が垣間見れたとの話でした。
 中国でも「Green Days~大切な日の夢~」の巡回上映をしていて、中国では他のアニメーションもつくっており、そのグッズ開発のために何度も訪れているのですが、中国政府がお金を出してくれているとのこと。

 監督は外国の人と制作することが好きで、見学も大歓迎とのこと。
日本語を話せるスタッフもいるので、ソウルに行ったらぜひスタジオを見学してみたい!という方は花コリ問い合わせにご一報を。

 ちなみにKIAFAチェ・ユジン事務局長の名刺にはアン・ジェフン監督の描いた似顔絵が描いてあります。名刺交換された方は似ているかどうか確認してみてくださいねw

「Green Days~大切な日の夢~/소중한 날의 꿈」予告編
)

★『Green Days~大切な日の夢~』DVD、2013/02/02より日本で発売中★


<関連記事>
『Green Days~大切な日の夢~』「真!韓国映画祭」試写会&監督トーク
チェ・ユジン事務局長の名刺の似顔絵、こちらにアップしてありました;;
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント