インディ・アニフェスト2013、9月26日開幕!

花コリ親元、韓国の繁華街、明洞(ミョンドン)ソウルアニメーションセンターにて、
いよいよ今月9月26日から(30日まで)開催されるインディ・アニフェスト2013の気になる詳細が発表されましたっ!

やっと詳細オープン!!
   ↓
インディ・アニフェスト2013映画祭公式ページ★(なんと今年から英語版もできたっ!)

20130905HP_01mail.jpg
20130905HP_02mail.jpg
20130905HP_03mail.jpg

インディ・アニフェスト2013上映作発表(韓国語のみ)

花コリで上映された監督で今回のインディ・アニフェストで新作が上映される監督は以下の通りです。
「」内は花コリ上映作

日本に留学中のキム・イェオン監督の新作、花コリ2011名古屋ゲストのカン・ミンジ監督、
「kopiLuwak」のハン・ジウォン監督、「恋人たちの部屋」チョン・ヨンソク、「レオン」のイ・ギヨン、
「思い出という名の歌」チェ・ジンソン、花コリ常連のキム・ジュン、キム・ジス「Look around」のイ・ギュテ、
「STOP」や「ロマンはない」のパク・ジェオク、「キラキラ」のオ・ジウォン、
「Run Run Run Away」のイ・ソンジョン、「少女の物語/Herstory」のキム・ジュンギ、「ロマンはない」のスギョン、
花コリ常連のキム・ジス

その他に花コリでは作品を上映したことはありませんが、国内外で注目を集めている監督
「マリといた夏」のイ・ソンガン
「MAZE KING」キム・ハケン

さあ、飛行機のチケットはもう確保しましたか?
26日開幕式後はパーティ、映画祭期間中も野外パーティ、閉幕式後もパーティがありますよ♪
その他にも会期中ワークショップやトーク、DVD物販と盛りだくさん!

気になる韓国ストップモーションSPでは、花コリでも上映され東京ゲストでもあり、
日本3会場でも観客賞をとったキム・ジンマン監督の『Noodle Fish』や名古屋ゲストのチョン・ミニョン、キム・ギョンジン監督の『楽園』、昨年花コリで上映したキム・ドンウク監督の『縁還食堂』、花コリ2010で上映し、花コリスタッフ三宅もアニメーターとして制作に携わったキム・ホンジュン監督の『廃棄携帯回収大作戦!』他数名、作品を作り続け、韓国のストップモーション界を常に引張ってきた作家たちの特別展示(セットや人形等)もありまっす! 

★映画祭準備に悪戦苦闘(!?)するスタッフや映画祭最新情報は
インディ・アニフェストfacebookファンページにて更新されています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント