『SEOUL & ANIMATOR』創刊!

韓国のインディーズアニメーションの作家達を丁寧に取材し、直接インタビューした内容がしっかり入っているステキなアニメーションの本が出来ました。
タイトルは『SEOUL & ANIMATOR』

seoulanimator01.png


『お散歩いこ』(花コリ2010で上映)と『CiTY』(花コリ2012で上映)で好評を得たキム・ヨングン、キム・イェヨン監督のスタジオYOGと『都市に住む人々の空間感』(Link into Animated Korea2008で上映)、『日常の中の生』(花コリ2011で上映)等、絶えず短編制作とイラスト制作をしているキム・ジュン監督が今回の本の主役です。
詳しい内容は、韓国語・英語・日本語の3ヶ国語に訳されている本をお買い上げいただき、読むことをおススメします!!

seoulanimator03.png
seoulanimator04.png


本を手にするスタジオYOGの二人
seoulanimator02.png


今回、できたてホヤホヤの本をイ・ギョンファ監督が直接大阪花コリ会場に持ってきてくださり、日本先行発売となりました。

130512GV_42.jpg

『SEOUL & ANIMATOR』Facebookページオフライン販売は
韓国では、サンサンマダン アバウトブックス(6/13~8/10)(弘大)、ソウル国際マンガ・アニメーション映画祭(SICAF)(7/24~28)期間中も購入可能だそうです。


日本でご購入をお考えの方は花コリHP「お問合わせ」より、「その他」をチェックし、
『SEOUL & ANIMATOR』購入希望数と氏名、送付連絡先をご明記ください。
折り返し入金方法等の詳細をお知らせいたします。
価格は日本円で1200円となります。


こんなステキな本を出した人は、花コリ2013大阪会場ゲストのイ・ギョンファ監督です。

卒業制作『パパと私と/아빠하고 나하고』の共同監督のうちの一人だったイ・ギョンファ監督は、しばらく外国に留学した後、SICAF映画祭チームで仕事をしながら、昨年10年ぶりに短編『アンダーグラウンド/언더그라운드』を制作しました。
C08_underground01.jpg
『アンダーグラウンド/언더그라운드』2012/6:30

そして今年2013年は「出版をしなきゃ」という思いから、事業者登録証を出し、この本を自費出版されました。
本当の推進力の結晶体!とは、まさにイ・ギョンファ監督のことのようです。
韓国のインディーズアニメーションが成長し続けるためには、まさにこのようなエナジーと力が必要なのでは?
イ・ギョンファ監督ファイト!

(KIAFA NAVER CAFE 2013.05.16より)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント