[大阪会場]花コリ2013ワークショップ「Animation Builder2.1.1」

5月12日(日)プラネット+1での上映終了後、韓国文化院に場所を移動して、
中村喜裕さん、小島奈苗さん、中貴志さん(VANS)の建築家の方々と日本プログラムで上映したアニメーション映像制作・上映グループPEASの皆さん指導のもと、建築とアニメーションの技法を混ぜて作り上げる、アニメーションワークショップが開催されました。

文化院では上映中からワークショップの空間作りが始まっていました。
13osakaWS001.jpg
13osakaWS004.jpg
13osakaWS007.jpg

ワークショップはじまり~

今回のワークショップは、韓国の双六のようなユンノリ(윳놀이)というゲームを参加者にプレイしてもらい、その様子を建築家の皆さんにデザインしてもらった空間に投影し、それをPEASの皆さんがコマ撮り(少しずつ撮影する)して映像を作るというものでした。

空間をデザインしてくださったVANSの皆さん
130512WS_010.jpg

始めにKIAFA事務局長チェ・ユジン氏からユンノリの遊び方の説明
4本の木の棒の裏表の出方によってコマの進め方が決まります。
13osakaWS019.jpg

2ブロック、2チームずつに分かれてユンノリを始めます。
パネルの裏(右)では、ユンノリをしていて、パネルの表(左)にその様子を投影された空間が広がっています。
130512WS_041.jpg

ユンノリのコマと台はワークショップのためのスペシャルバージョン
130512WS_046.jpg

棒の裏表によって進め方が決まります
130512WS_077.jpg

投影されるとこんな感じ
13osakaWS024.jpg

空間に投影されたものをコマ撮りしていきます
13osakaWS038.jpg

途中から投影された空間に参加者も入り、それもコマ撮りしていきました。
13osakaWS041.jpg

撮影終了後、参加者には休憩してもらい、その間に急ピッチで編集をするPEASの植田翔太さん
130512WS_111.jpg

編集している間、PEASの定期上映会のチケットをかけたジャンケン大会も行われました。
130512WS_104.jpg

できあがった映像をその日のうちに鑑賞しました。
13osakaWS059.jpg
130512WS_159.jpg

参加者の皆様、お疲れ様でした~!
13osakaWS051.jpg

★できあがった映像はこちらになりま~す!!★

「花コリ2013 大阪会場アニメーションワークショップ」



★その他のワークショップ写真は花コリfacebookファンページで!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント