花コリ2014大阪会場レポート イ・ソンガン監督トーク録

続きを読む

スポンサーサイト

06/17のツイートまとめ

hanakoriJP

活躍の目立つ韓国アニメ…数々の海外映画祭で“大賞総なめ” - 韓国芸能ニュースはKstyle http://t.co/smtcyB9lj6 @Kstyle_newsさんから
06-17 22:20

06/15のツイートまとめ

hanakoriJP

RT @TopsyRT The Boy and The World, Man on a Chair Win Annecy Prizes http://t.co/KSeyyrqhjs
06-15 15:08

「Man on the chair」でアヌシー短編受賞したチョン・ダヒ監督がインディ・アニフェスト2013で「木の時間」大賞受賞したので今年のインディ・アニフェストのトレーラーを作ります!ということは花コリ2015のトレーラーも!お楽しみに!
06-15 15:08

RT @saruKmovie: つい先日も、同じく「花開くコリア・アニメーション」で上映されている「Love Games」(チョン・ユミ監督)がザグレブ国際アニメーション映画祭でグランプリを受賞したばかり。世界の主要アニメ映画祭で受賞が続く韓国独立アニメーション。
06-15 13:18

RT @saruKmovie: 「花開くコリア・アニメーション」で「Le temps de l’arbre(木の時間)」 (나무의 시간)が紹介されたチョン・ダヒ監督が、最新作でアヌシー国際アニメーション映画祭、クリスタル・フォー・ベストショートを受賞したとのこと。
06-15 12:57

[速報]インディ・アニフェスト2013大賞、花コリ2014 Aプロで上映の「Le temps de l’arbre/木の時間」のチョン・ダヒ監督の新作「Man on the Chair」がアヌシーで短編部門大賞受賞!
06-15 12:27

06/12のツイートまとめ

hanakoriJP

SICAFチーム長イ・ギョンファ氏がチョン・ユミ監督を丁寧に取材した『Seoul & Animator vol.2 視線の主』、花コリ会場以外では山村浩二さんのお店Au Praxinoscope(自由が丘)と名古屋のシアターカフェで売っています。
06-12 19:56

ザグレブグランプリおめでとうってことで、KIAFAのチョン・ユミ監督スタジオ訪問記(スタジオは現現在別の所に移動)http://t.co/onLEG6C2w8
06-12 19:51

06/11のツイートまとめ

hanakoriJP

韓国作品 ザグレブ国際アニメ映画祭でグランプリ-韓国映画 http://t.co/VbLnM0JXqr via @WoW_Korea
06-11 21:19

06/08のツイートまとめ

hanakoriJP

@koiddon 「ダム・キーパー」はピクサーにいる花コリ常連のエリック・オー監督(「Heart」「リンゴの食べ方」等)が同僚の日本人と作った作品で、昨年のインディ・アニフェストでは監督の特集上映の際のトークでメイキングを披露していました。
06-08 23:47

RT @NddN: ザグレブ、冠木佐和子『肛門的重苦』が学生部門グランプリ!スペシャルメンションでキム・ハケン『MAZE KING』。短編部門の特別賞で水尻自子『布団』!短編グランプリはヂョン・ユミの『LOVE GAMES』。日韓!
06-08 12:28

RT @koiddon: 今年のザグレブ国際アニメーション映画祭でグランプリを受賞した韓国の『LOVE GAMES』って去年の花開くコリア・アニメーションで上映されたチョン・ユミ監督の作品か!…いや、観てませんけど(^_^;)http://t.co/06Tc7vh5JG
06-08 12:27

[速報]ザグレブ国際アニメーションフェスティバル一般部門グランプリは昨年花コリで上映したチョン・ユミ監督の『LOVE GAMES』!トレーラーhttps://t.co/tUxrcWuwOV
06-08 12:19

RT @yippcha: 花コリ観客賞・・痛くない、だと思ってたよ。痛くない、が一番だよ。一番の一番だよ!!って伝えたかったよおおああ
06-08 00:08

06/05のツイートまとめ

hanakoriJP

RT @HachimitsuJung: 唐突ですが『はちみつ色のユン』上映のご案内です。5/31から始まる森美術館さんの「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」の特別企画として8/9(土)に上映があります。詳細はこちらをどうぞ→ http://t.co/P8ST7DJ
06-05 21:03

RT @koiddon: http://t.co/vs3jyCpdXr花開くコリア・アニメーション2014 観客賞発表!! 1位は『マリといた夏』『千年狐ヨウビ』のイ・ソンガン監督による『貯水池の怪物 』。監督、おめでとうございます!\(≧∀≦)/http://t.co/
06-05 21:01

RT @koiddon: 大阪会場ではいっぱいサインをもらって、長いことお話させてもらって、自称日本一の『千年狐ヨウビ』ファンの自分にとっては至福の時でした。重ねておめでとうございます。>花コリ2014観客賞第1位『貯水池の怪物』イ・ソンガン監督
06-05 21:01

RT @cinemakorea: 花開くコリア・アニメーション2014観客賞発表!1位イ・ソンガン『貯水池の怪物』(Aプロ)、2位チョン・ダヒ『Le temps de l’arbre(木の時間)』(Aプロ)、3位キム・ボヨン『痛くない』(Bプロ)。その他、詳細はこちら⇒http…
06-05 21:01

アヒョンにあるKIAFA事務局がこの秋、『大切な日の夢~Greendays』の「鉛筆で瞑想」のスタジオの下に移設決定!
06-05 20:59

「はちみつ色のユン」の原作本に出てくる、ユン監督が韓国に行った時に一緒にお酒を飲んでいた映像制作に関わる韓国人がKIAFA事務局長チェ・ユジン氏の知り合いだったとは世の中狭い!
06-05 20:56

06/04のツイートまとめ

hanakoriJP

[名古屋]facebookファンページに名古屋会場写真アップしました。http://t.co/M407pCB56H
06-04 23:35

RT @koiddon: 韓国の長編アニメ『Green Days 大切な日の夢(소중한 날의 꿈)』のアニメーターであるチェ・インスン(최인승)の記事。フェイスブックによると今敏のファンらしい。納得。http://t.co/qzbNBSrT0q
06-04 18:06

RT @koiddon: …と言いつつ、今年の花コリではハン・ジウォン監督の新作短編『学校へ行く道(학교 가는 길 / Sight Outside)』を先に鑑賞済み。その画面と物語との呼応するような陰影が強く印象に残り、作家として惹かれたのだった。
06-04 14:08

RT @cinemakorea: 【花開くコリア・アニメーション2014 in 名古屋】愛知芸術文化センターB2Fアートプラザでは「ポスターで見る韓国アニメーションの世界」展示中。5/29より『はちみつ色のユン』の予告編もエンドレスで流れています。栄(さかえ)にお立寄りの際、お…
06-04 14:08

RT @koiddon: 花コリ2014名古屋会場のゲストであるキム・ボヨン監督の『痛くない (아프지않아 / Replacement)』の予告編。初めて経験する深刻な問題に脅える男の子の心情をユーモラスに描いた短編。オチも素敵で微笑ましい^^http://t.co/N5gc
06-04 14:08

RT @koyagida: 花開くコリア・アニメーション2014 韓国のインディーズアニメという、日本ではとんでもなくマイナーな世界の上映会(もっとも日本のインディーズアニメも一般のアニオタとは別の世界だけど)。今日見た作品群は、日頃のニュース等から感じる理解不能感はなく、共感…
06-04 14:08

RT @maturiya_itto: 特に気に入ったのが、パン・ジウォン『学校へ行く道』とキム・ボヨン『痛くない』。『学校へ~』は飼い主を追って学校まで行く子犬の冒険を描く一作。写実部分とデフォルメ部分のメリハリが利いてて、時折挟まる子供風の絵も含めて、非常に好み。
06-04 14:07

RT @koyagida: ゲストのキム監督(美人でした)の作品。業界系の方みたいですが、日常の仕事を持ちつつ作り上げたそうです。http://t.co/2jAkHPcxO0
06-04 14:07

RT @cinemakorea: 【御礼】花開くコリア・アニメーション2014 in 名古屋、おかげさまで有料入場者数・総入場者数ともに過去最高。トーク付き『はちみつ色のユン』の回は花コリ名古屋初の大入り満席でした。ご来場&広報にご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。また…
06-04 14:07

RT @koyagida: 「はちみつ色のユン」メディア芸術祭の大賞を取ったとのことで、チェックしていたのですが、ようやく見られました。海を越えてベルギーに養子に出された韓国人監督の半生。実写を時折取り込み、いいことも悪いことも全部ぶっこんだリアル感のある作品でした。
06-04 14:07

続きを読む

花コリ2014 観客賞発表!!

今年も3会場で観客賞の投票を行いました。
上映終了後、お客様に5段階評価で投票していただきました。
5段階の点数配分は以下の通りです。

A「とても良かった」を5点
B「良かった」を4点
C「どちらとも言えない」を3点
D「あまり良くなかった」を2点
E「良くなかった」を1点

現地のインディ・アニフェストでは毎年、上映終了後、お客様1人1ポイントとして投票が行われ、見事高い評価を得た作品には観客賞が与えられています。ちなみにインディ・アニフェスト2013で観客賞を受賞したのは花コリ2014 Bプロで上映したハン・ジウォン監督の『学校へ行く道』でした。ハン・ジウォン監督の前作品『Kopi Luwak』はインディ・アニフェスト2010のグランプリでした。

さて、気になる順位は…

★1位 Aプロ 『貯水池の怪物/저수지의 괴물/A Monster in the Reservoir 』
イ・ソンガン(大阪ゲスト)/2012/11:35/
A01_A_Monster_in_the_Reservoir.jpg


★2位 Aプロ 『Le temps de l’arbre(木の時間)/나무의 시간/The Hours of Tree』
チョン・ダヒ/2012/8:18/
A07_The_Hours_of_Tree.jpg
チョン・ダヒ監督の新作「Man on the chair」(2014)が広島国際アニメーションフェスティバルにノミネートされました!
配給がフランスなので、国がフランスとなっていますが、韓国で支援を受けて、韓国で制作されたものです。
『Le temps de l’arbre(木の時間)』は、監督が留学先のフランスで制作したものです。


★ 3位 Bプロ 『痛くない/아프지않아/Replacement』
キム・ボヨン(名古屋ゲスト)/2013/18:15/
B06_Replacement02.jpg
名古屋でのトークの様子は、トーク録をのちほどアップします。



★その他上位の作品一覧★

4位 Cプロ 『走る男/달리는 남자/The Running Man』
チョン・ヨンソク/2012/10:00/
C09_The_Running_Man.jpg
[関連記事]
花コリ2014作品小話その2『走る男』


5位 Aプロ 『パノラマ/파노라마/PANORAMA』
キム・ドンチョル/2013/14:54
A06_PANORAMA.jpg


6位 Bプロ 『2人の紳士/두 신사/Two Gentlemen』
パク・ジェオク(東京ゲスト)/2012/09:10/
B01_Two_Gentlemen.jpg
[関連記事]
花コリ2014東京会場レポート パク・ジェオク監督トーク
チョン・ユミ「Dust Kid」、パク・ジェオク「STOP」スタジオ訪問


7位 Aプロ 『千の灯台/천 개의 등대/A Thousand Lighthouses』
チュ・ヨングァン/2012/8:35/
A05_A_Thousand_Lighthouses.jpg


8位 Bプロ 『学校へ行く道/학교 가는 길/Sight Outside』
ハン・ジウォン/2013/19:00/
B05_Sight_Outside.jpg
[関連記事]
『Kopi Luwak』ハン・ジウォン監督スタジオアロ訪問記by KIAFA
・WEBでマンガの連載を始めました(韓国語のみ)。
アニメーションとは、また違った魅力です。→『Facing piano』(毎週日曜連載)


9位 Aプロ 『セミが鳴いた/매미가 울었다/The Song of the Moment』
 オ・ジウォン/2012/14:30/
A02_The_Song_of_the_Moment.jpg
[関連記事]
花コリ2014作品小話その1『セミが鳴いた』オ・ジウォン


10位 Aプロ 『風を切って/바람을 가르는/Across the Wind 』
ホン・ジョンピョ/2012/6:30/
A04_Across_the_Wind.jpg

結果はどうでしたでしょうか?
投票してくださった各会場の皆さま、ありがとうございました~!
観客賞に選ばれた1位のイ・ソンガン監督には、日本の花コリ実行委員会が代表して、
今年のインディ・アニフェストの際に現地にて、何らかの方法で授与する予定です。
今年の韓国でのインディ・アニフェスト2014は9月25日~30日です。
ぜひ現地に足を運んでみてください!

06/02のツイートまとめ

hanakoriJP

RT @cinemakorea: 【花開くコリア・アニメーション】大阪・東京で「思わぬ掘り出し物!」と大好評を博した長編アニメ『パタパタ(PADAK)』。名古屋での上映は6/1(日)17:00より。今後、配給が付かなければ、これが日本最終上映。お見逃しなく! http://t.…
06-02 23:38

RT @cinemakorea: シネマコリア主催の「花開くコリア・アニメーション2014 in 名古屋」。いよいよ5/31(土)&6/1(日)愛知芸術文化センターにて開催です。韓国アニメーションを日本で一挙鑑賞できる唯一の機会。とんがった短編から話題の長編まで、ゲストトークと…
06-02 23:32

RT @koiddon: ということで、せっかくなので長編『はちみつ色のユン』から観ます。もう4回目だけど良い作品だからね。>花開くコリア・アニメーション2014名古屋会場
06-02 23:32

RT @koiddon: Bプログラムとキム・ボヨン監督のトークショー終了。とりあえず監督が美人なのは良くわかりました(●´ω`●)>花開くコリア・アニメーション2014名古屋会場
06-02 23:32

RT @koiddon: あ!送信してなかった^^; 続けてAプログラムを鑑賞。イ・ソンガン監督の『貯水池の怪物』は観るほどにその色使いや動き、そして音と声のリズムがしみてくる。>花開くコリア・アニメーション2014名古屋会場
06-02 23:32

RT @koiddon: 『痛くない』についてのキム・ボヨン監督のお話で興味深かったのが、監督の意図した以上のものが解釈として受け取られているということ。これは才能でもあるが個人制作ゆえの人柄の表れなのではないかと感じた。>花開くコリア・アニメーション2014名古屋会場
06-02 23:31

RT @koiddon: 伊藤裕美さんのトークと長編『パタパタ』ももう一度観たかったんだけど名古屋会場とは昨日でお別れ。ちょっと残念。>花開くコリア・アニメーション2014名古屋会場
06-02 23:31

RT @koiddon: 花開くコリア・アニメーション初参加にして皆勤賞!…なんてのは別に偉くとも何でもないけど、残念に感じたのは若い観客が少ないこと。海外で評価を得た作家と直接に語れる機会もあり、アニメーションを志している人には必ずや刺激となるはず。うらやましいことに学生なら…
06-02 23:31

RT @koiddon: 自分にとって最も関心があるのはフランスの長編アニメーションだけど、花コリで見聞したことで韓国のアニメーションに強い興味を感じた。特にインディペンデントの作家の長編への進出という他国ではあまり見られない特殊性は日本でも詳しく紹介してほしいと思う。
06-02 23:31

RT @maturiya_itto: 『野のなななのか』を観た後、花コリ短篇プログラムを二つ観賞。一口に短篇と言ってもいろいろな趣向があって(寓話から真っ直ぐな青春ものまで)、非常に楽しめた。短篇プログラムと長編二つが控えてる明日も行きたい。
06-02 23:29

続きを読む

06/01のツイートまとめ

hanakoriJP

[名古屋]長編「はちみつ色のユン」上映の後のトークは無料です。
06-01 11:41

[名古屋]今日は13時~短編、14時半~長編「はちみつ色のユン」+伊藤裕美さんトーク、17時~長編「パタパタ」
06-01 11:39

05/31のツイートまとめ

hanakoriJP

[速報]広島アニフェス「viewpoint」ファンボ・セビョル監督の新作がノミネート!
05-31 13:36

[速報]広島アニフェスにAプロ「木の時間」チョン・ダヒ監督の最新作「椅子の上の男(仮)」がノミネート!
05-31 13:32

[名古屋]名古屋初特別上映長編「はちみつ色のユン」パンフレット販売しまっす!
05-31 13:01